嘘予告・やる夫達は魔法学院の生徒のようです



741 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 21:58:40 ID:IolXe6E60 [2/28]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  魔法が存在し、辺境に赴けばドラゴンが闊歩する世界。
  しかし人々はたくましく、文明を築いている。
  これはそんなとある世界の、とある時代、とある国の首都で始まる物語。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_l二二二ln_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n_n
:.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| | || | |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
森森森森森森森森п森::::::....∧Ali;'i゙i゙l'i,::;...;;.;;ii:i;;:ili、_,i斤il]il] ,,,,,__i;;ii:i;;ir=ュ;;;;;;;;,,,,,,............n........
ヮ,'l㌍l、l゚i: :.lA゙ill#「ll!l;l㌶ni|』┌==┬─ii┐.,,'#ll,』 |.lll,,т㍑i゙i゙lェli;'ュョョョ゙ill#‐「ll!l;li+;;ii: ;rヘ∧凸;;;;;;
田┐工ユE∧ヰA┌─≡─!杢卦士⊂ニ⊃;:::┌┐;;;;;;;:::,,,,,ロ卅ユ鬥H出Tエニ斤彳∟凵Ξ|田
=,ィ'⌒ニニエニニil]1lー-i]__森森森森_トロロロi|::rーilil==┬≡┐| ̄|─r‐┬||irr-、v冖v"|l巫]||斤
、_|il]il]_三rー| ̄ ̄|─r‐┬|iΠп/____/|  |、__\| ̄冂ПーГ┬┬ヱ ̄|─r‐┬|Π
/三三三| ̄≡≡ ̄|/二三   〉====Π/  ゙.ヘ_===_\_ |FF|ニ|i ̄ ̄i| /⌒\ /二三
/二二 /∧ ̄∧\ 「 ̄ ̄ ̄/「 ̄ ̄二二|j  ゙、_三__|  i|三三三三|i |二二! 三\
__,,.‐',. ‐'i| 田|「| | 田,. イ___/´|    |  il   |\ __] Πпr―.、=ニ二>、|| 田 |
ェェェ=‐´ 田|/二ニ,ハ_,.-_‐=_二l  |__|  '|___|   |l二ニ‐- 、 ,,_丶、` ‐ 、_,,...> ___
≡≡===> ,. - ‐''´‐ '' "´i i i i i i i| /             \ |l i l i l i`''ー-.、`、‐-、|皿皿|丶、_
ニ―-┐γ´  r''´i i| i| i_l⊥l,.-‐''´       ::'' i ''::     `''‐-.l l_i l| i| il|`ヽ、`゙ヽ、  .vi==
_,,... -┤ゝ、_゙丶i,''"´        \  .:'  :i:  ':.  /         `ヽl| il| i|ノ   )、 |! ロ
  r┐:|-‐''´/|_ `ー-ァ―ァ、 _   |圭圭圭圭圭|   _   ._,,...-‐''´  _,.イj:::丶| l^
」 .i__| :|_,,/n |  / / / ||       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |ヽ  ._,,..-‐<´-‐||:::::::::ヽ!
    :| | / ヽ|/∧’/ / i||    /         \       |丶\ \ | | | 川 ノ::::::::::::::ヽ
-‐  /|| ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄〒 ̄||\
  /川||_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_⊥_||川
/川 /




742 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 21:59:12 ID:IolXe6E60 [3/28]

         ____
         / _ノ ヽ_\
.     / (ー)  (ー)\
    l^l^ln  ⌒(__人__)⌒ \       あーあ、もうすぐ卒業だってのに一人身かお。
    ヽ   L   |r┬-|    |       やる夫も彼女が欲しいお。
     ゝ  ノ  `ー‐'    /
   /   /         \         ※やる夫・16歳魔法学院中等課学生
  /   /            \
. /    /         -一'''''''ー-、.
人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)             なんだ、また振られたのか?
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    ビシッ
   /    く__,-ュ__   て       *やらない夫・やる夫の親友かつ同級生
   |    ___ 三)  (
    |    |       ̄   ´

743 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 21:59:28 ID:IolXe6E60

         ____
        /     \
      /  _ノ  ヽ、_  \
     /  o゚⌒   ⌒゚o  \
      |      (__人__)     |     はっきりと、嫌だ、って言われたお。
     \     ` ⌒´     /     これで通算10敗だお。
      >    / )ヽ   <
      (  \ / __ハ ) /  )
      \  ゙  /ヽ ゙  /
         \_/   \_/



            ____
           /       \
   .     / _,ノ  ⌒ \
       l^l^ln  (●)  (●) \
       ヽ   L   、 `       |         ま、僕らは所詮庶民ですからね。
        ゝ  ノ    ̄ ̄    /          血がモノを言う世の中ですから、仕方ないですよ。
      /   /          \
     /   /             \          ※できる夫・やる夫の親友かつ同級生
   . /    /         -一'''''''ー-、.
   人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))

744 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:00:11 ID:IolXe6E60


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)     魔法は基本遺伝するからな。
.   |        ノ      より優れた子孫を残すことが、家の反映に直結するわけだし。
    |      ∩ ノ ⊃     そうなるとパートナー選びはみんな慎重になるだろ、常識的に考えて。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



          ___
        /      \   ウガー
     ,---、  \    /\―、
     .l   l  (●)  (●) \ |
     |    |    (__人__)    | |
     .|   |   |!!il|!|!l|   / /     これでもそこらのボンボン貴族に負けないお!
      ゝ     |ェェェェ|   ノ      なのになんであいつらはたくさんの女を侍らして、やる夫達は独り身なんだお!
      \         /
       /          |
      /          |

745 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:00:34 ID:IolXe6E60


        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |       そりゃ僕らは一発屋みたいなものですし。
     \        ̄    /        伝統ある貴族の血筋と比べたら、今の実力なんて霞んじゃいますよ。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /



        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (―)(― )   |
    (__人__)     |          女性はそういうところシビアだからなぁ。
     (`⌒ ´     |          やる夫も貴族だったら、今頃女から声かけられまくってたんじゃないか?
   .l^l^ln       |
   .ヽ   L       ノ
     ゝ  ノ    ノ
   /   /     ヽ
  /   /      |

746 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:00:57 ID:IolXe6E60

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   /// __´__ /// \
     |       |r┬ |    |    領地経営とか、政治に携わってるところじゃなくて。
      \       ゙ー'    ,/    血統は優秀だけどそこそこ儲かる小さな店の経営一家とかいいですね。
      /⌒ヽ         ィヽ     そこそこ裕福で、でも特に制約がない。そんな生活したいです。
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |


          ____
        /_ノ  ヽ、\
      /(●)  (● ).\
     /   (__人__)  u \         ……まぁ、でも、こういうこと言っても仕方ないお。
    n|i 7    ` ⌒´      n|
  l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
  ', U ! レ' /   ー‐    | U レ'//)
  {    〈         ノ    /
  ..i,    ."⊃    rニ     /
   ."'""⌒´       `''""''''

747 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:01:25 ID:IolXe6E60

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)     まあ、俺ら全員養子とはいえ、
  |     ` ⌒´ノ     孤児院の院長が拾ったって話だし。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l


          ____
        /     \
      / ⌒   ⌒ \
     / u (=)  (=)  \      せめて養子縁組されてなければ、貴族に貰われる未来もあったわけですが。
    |      __´___      |      なんで僕たちだけされていたんでしょうね?
    \     `ー'´     /

748 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:01:52 ID:IolXe6E60

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\       さぁ……ま、いずれによあの孤児院に戻るつもりはねーな。
. |   (__ノ ̄   \      かといって高等科には進めねーだろうから寮も追い出されるわけで……。
  \          |      二人とも就職先とか、今後のこと決まってるのか?
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |          校長が就職先の世話をしてくれるって話になってるお!
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /

749 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:02:04 ID:IolXe6E60

         ____
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (⌒)  (⌒) \
     |       __´___    |    おや、やる夫君もですか。
      \       `ー'´  ,/    僕も校長が話をつけることになってますよ。
      /⌒ヽ        ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆           |´ |


            / ̄ ̄\
          _ノ  ヽ、  \
        (○)(○ )   |
.       (__人__)   u  .|    ちょっと、待て。
.        ヽ`⌒ ´    |    俺もそうなんだが……話がきなくさくないか?
        {       /
        lヽ、  ,ィ'.) ./
        j .}ン// ヽ
        ノ '"´  ̄〉  |
.        {     勹.. |
         ヽ 、__,,ノ . |

750 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:02:25 ID:IolXe6E60

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・
. | ( ●)   ⌒)   |       どういうことだお?
. |   (__ノ ̄    /       庶民三人の世話ってだけだお?
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ


            ___
        /      \
       /ノ  \   u. \
     / (●)  (●)    \
     |    __´___    u.    |     あのですね、普通は校長が就職の世話なんてしないんですよ。
      \ u. `ー'´       /       貴族ならともかく庶民なら、なおさら。
      ノ           \        一人なら空いてた枠に入れるとかもあるでしょうが、三人となると……。



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)      俺らなまじ成績優秀だったし、辺境の魔物退治の部隊にまとめて放り込まれたりするんじゃないか?
  |     ` ⌒´ノ      それなら辻褄も合う気がするだろ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

751 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:02:47 ID:IolXe6E60

            ____
         :/    \:
        :/ _ノ iiiii \. \
       /  (○)  (○)  \      やる夫は辺境なんて行きたくねーお。
      : |    (__人__)    |:      都会のエロ本がないと生きていけない身体なんだお。
        \   ` ⌒´   /
        / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ
       :|  \|  .i  イ |
        |\ /   人  .\!
        |  \___/  \__/:
         |        /
         |         /


         ____
       /     \
.    /   ノ '  ヽ\
.  / /)(ー) (ー)u\
  | / .イ    '       |        エロ本はともかく、ブラック職に飛ばされると命を落とすこともあり得ますし。
.   /,'才.ミ).  ⊂つ  /         校長に詳細を尋ねに行きますか。
.   | ≧シ'        \
 /\ ヽ          ヽ


            ./ ̄ ̄\
           /  ヽ、_  \
        (●)(● )    |
          (__人__)   .u |     だな。
        .(,`⌒ ´     |     でももし本当にブラックだったら……夜逃げの準備かなぁ。
        {         |
          {        /
         ヽ     /
        ,, -‐)__, /⌒i
       /;─ー´ミ ./ l
      .(_ンー‐-.ノ´ |
         l      |

752 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:02:57 ID:IolXe6E60


                    ●


                    ●


                    ●

753 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:03:13 ID:IolXe6E60

━━校長室━━

                                  |. `|  |  l  l.  |
                / ̄\      「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ,' / ノ ̄ ̄|
               |     |.      |           ヽ_j  / //     |
                \_/      |   購入権利書ヽ_ハ/′    │
                  |        |                    |
              /  ̄  ̄ \    |     オ  プ  ー  ナ       |
             /  \ /  \..  |     ・・・ ・・・ ・・・       |
           /   ⌒   ⌒   \ |     ・ ・ ・・ ・・・        |    よく来た。
           |    (__人__)     |/|                    |    三人とも貴族になる権利をやろう!
           \    ` ⌒´    /l|.| :::::::::::::::::::::::: |    あとついでにオプーナもやろう!
           ヽ、--ー、__,-‐´イ   l リ :::::::::::::::::::::::: |
             >'´/ / _,.ノ|/    l.| :::::::::::::::::::::::: .|
           ,r7′_,.レァ‐‐'′、 l  i  l|              __     |
          /,厶イ_:.:/    ヽヽ. :l  .|             〃.  `ヾ    |
          /7   /:.:「       ゝL/|   ::::..... |l 光 ||..   |
        /〈  /:.:.:.:',    /  //   |   ::::        |l 栄 l|..   |
       ∧',. ヘ /:.:.:.:.:.:',  /   〃   |            ヾー-‐シ     |
      / ヽヽ V:.:.:.:.:.:;.イヘ     トr'′  .!               ̄´    |
      l `ヽ >、フ:.:.:.:/:.:./     l    └─────────────┘


       ____
     /     \
    / ─   ─ \
  /  (●) (●)  \
  |    (__人__)     |    このおっさん誰だお?
  \    ` ⌒´    _/    あとオプーナはノーサンキューで。
  /           \
  |  n:n     nn   |
   |nf|||     | | |^!n |
   ||:   ,∩  ∩、  :| |
   ヽ  ,イ   ヽ   :イ

754 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:03:46 ID:IolXe6E60

          ____
       /     - 、 -、\
       /   ,  -|   ・|・  |- ヽ
     / /    `- ●- ′  |
     | |    二二  | 二二. |
     | | |\ -─  | ─___)    誰って、王国軍近衛隊長のオプーナさんだよ。
    _ ! | !   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / /_     あと、やる夫君の本当の父親。
   ( __)\ヽ \(二二二)//(__)
    \   ━━━━6━━  /      ドラえもん・魔法学院校長
      |   /___ヽ |/
      |   | ヽ__ノ ノ |
      |   ` ─── ′ |


          ___
       /     \
      /  丿   `ヽ\
    /   (●)  (●) \       / ̄\     やる夫は俺の息子。やらない夫、できる夫も俺の親友達の息子。
    |      (__人__)   |   ηノ─┤   │    わけあって庶民の家に預けていた。
    \      ` ⌒´  /  ノ, .∃  \_/
    /             \./ /´

755 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:04:04 ID:IolXe6E60

        ___
       /      \
     /   ⌒  ⌒ \
    /   ( ー)  (ー) ヽ
    |  u   ___`___     |       いくら庶民相手だからって冗談でからかうのは酷くありません?
    ヽ、    `ー '´   /       本当だと言うのならその訳を聞きたいですね。
 ⊂⌒ヽ 〉         く /⌒つ
   \ ヽ  /      \ ヽ /



       ,  -──- 、
    /  , -‐、  , ‐ 、 ヽ
   /   /,-‐''´∨~~`ヽ ヽ
  /   _,.l   ・ ,! ・   /‐、 ヽ
  l   / ニ、`ー‐‐'◯ー‐' 二ヽ |
  l  l-─     l     ‐、-l!
  l l  ヾ''ー‐ 、__ |_ _,,...ィ'´ l       陛下の命令。
  ヽヽ   ヽ       )/  /       ニューソク家、ヴィップ家、パーソク家の三家に対して、
   ヽヽ   `''ー── '   /        子息を庶民として育てよ、って命令が下ったのさ。
    ヽ______, -‐''''⌒ヽ
   /  ̄、フー─‐@─‐ヽ(  )ノ
   |    ヽヽ~ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ヽ
   ヽ   (  )    |    ヽ
    |`ー┬'l ̄ヽ___|___ヽ
    |  ヽ、`ー---- '´/ |

756 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:04:42 ID:IolXe6E60

               ____
           ..:::::´:r ノ、\、\
         /::::::::::_」  0|0  l__::\
        /::::::::::/ `ーr'⌒Y´  \:ヽ
         ,:::::::::::/  ̄ ̄ ーr‐'  ̄ ̄ l.:l
          |::::::::/   ̄ ̄   l   ̄ ̄ |::|
          |:::::::l ´ ̄ -─┴- 、 ̄` l/     ま、王女様の婚約関連で話がこじれてね。
         ヽ::::|  /       ヽ /        当時、宮廷で決まった案が
          `ミ三≧====ァ=r=≦ヤ′      『16歳になるまで修道院に預けて先延ばし』
        /::::::::::/    (〒) ヽ::::ヽ、      だったんだよ。
          {:::::::i:〈   ___  〉l::::::ト、
          {:::::::|::::ヽ (      )ノ::厂´ ノ



           ∧/|,//_
          ヾ,ヘヘ / ,/
          ヾ|/|/ヽノ/,/
           \_/
             |
         / ̄ ̄ ̄ \
        /ノ(\ハ:/::) (\
      /  <●>::::::<●>^ \
      | ) (  (__人__) ノ(,  |      そのとばっちりというか、八つ当たりで俺らまで息子をどこかに預けろって話になってさ。
      \ ^ ( 〆⌒`、ゝ)⌒ /       しかも陛下がせっかくだから庶民感覚を取り入れようとか言い出してさ。
       /⌒ヽ ー‐‐‐‐一 ィヽ       孤児院に預けなくても、庶民感覚ならオプーナで養えるってーの!
      / rー'ゝ、.  人.   〆ヽ
      /,ノヾ ,>`ニ"_,.ゝ=-ヾ_ノ,|
      | ヽ〆 f" `i´ `l  .|´ |

757 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:05:09 ID:IolXe6E60

           / ̄ ̄\
        /  ヽ、_  \
       (●)(● )   |
       (__人__)     |    オプーナは庶民でも流行ってませんから。
        (`⌒ ´     |
          {           |
 r、     r、ヽ       /
 ヽヾ 三 |:l1.ヽ      /
  \>ヽ  |` } >     <
    ヘ lノ `'ソ       ヽ
     /´  /,1      | |
     \ ノ .|     | |


          ____
         / \  /\  キリッ
       / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |         貴族になる権利をやろう!
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒).    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/        だってお!
|      .ノ     | |  |   \   /  )  /         そんな夢みたいな話に釣られるほど馬鹿じゃないお!
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /          おおかた、このまま最前線の兵士にでも飛ばされるんだお!
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ
                               ン

758 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:05:21 ID:IolXe6E60

           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
          i(ー)  (ー )    |     近衛隊長直々に来てるなんて逃げ道はもう塞がれてるんでしょうね。
          ゝ  __`____      j
         ` _`ー'´    /
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
         (   (  ̄ノ `ー-'′


     __
   /::::::::::::\
 /   __ノ::::ヽ
 |    (;;;;;;)::::)
 .|      ::(;;;人)         いくら俺らが庶民だからって、冥土の土産がオプーナって酷いだろ、常識的に考えて。
  |      :::::::::rつ
  .|      :::::::((三)
  ヽ    ::::::::::(::::<
   ヽ  ::::::::::/∧::::∨
   ∠::::::::::::/⌒ ∧:::ヽ
  (:::::\ /:::::::/;;;;;;;;;;)
  |\::::::::::::/|
  |:::::\_/:::::|

759 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:06:03 ID:IolXe6E60

      , ──── 、
   /   / ⌒ヽ⌒ヽ\
  /   , -|   ・|・  |ヽヽ
 /   /   ` ー ●ー′ ヽl
 l  /   二    | 二  |
 |   l    ─   | ─  -、    ま、当然の反応だね。
 l   |         |    __ ノ    とりあえず君たちは中等科卒業と同時に庶民の身分から解放。
 ヽ ヽ /´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /      進路としては高等科に進学するから、寮生活は変わらずだけどね。
   〉━━━━━O━━〈
  /    / ___ ヽ  ヽ     ただ部屋のランク上がるから引っ越しの準備だけよろしく。
 /    |  ヽ    ノ | l◯
 ◯/   `ー‐<⌒ヽ─  ヽ
   l      |  |     l
    ` ー──く __ノ── ´


            / ̄\
            |     |
            \_/
    ぅぃ~…     |     ‥ヒック
              / ̄ ̄ ̄\
         /   _ノ ,、ヽ、_\
       /  ;;;<ー>::::::<ー>;;\
       |    :;:,~(__人__)";::  |        新しい部屋にオプーナを送っておくよ。
          \、    ` ⌒′ ,/        オプーナで遊ぶこともできなかったなんて、不憫な話だ。
         /ヾ     イ" く     __
        /⌒ヽ        \ ,、jーi
.        |\ \.      ト、 ヽソ ⊆)
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    |   ワ      ゴ     ン  ..|

760 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:06:14 ID:IolXe6E60

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━

761 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:06:34 ID:IolXe6E60

━━ 1ヶ月後 ━━

       ____
     /      \
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |    ……あの時の話がマジだったとは思わんかったお。
  \   ⊂ ヽ∩     <    あとオプーナはその日のうちに廃品回収に引き取って貰ったお。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


        ___
       /     \
     /  ⌒   ⌒\
    /   ( =)  (=)\
    |  u    ___´___   |     いわゆる、普通ではあり得ないシンデレラストーリーって奴ですからね。
    ヽ、    `ー '´  /      こうして高等学院の入学式を迎えるまではドッキリだとずっと思ってました。
     ノ          \

762 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:06:49 ID:IolXe6E60


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ    俺は仕送りされてきた金を見て、実感が沸いたなぁ。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l



      ___
    /ノ  ヽ、_ \
   /(●) (●.) \
 /  (__人_,)    \    まぁ、これで念願の彼女が作れるわけだけど……。
 |  l^l^ln ⌒ ´        |
 \ヽ   L         ,/
    ゝ  ノ
  /   /

763 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:07:08 ID:IolXe6E60

━━周囲の目線━━

                  ,. -ー' 二二二 ー- 、
                 //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
                 /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
              //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
              /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
              !:::::::/ i     ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
           _ |::::ハ  ',      i }  ! !  ',<ノ||\
           《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>
            ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
                 | '、 \\,>≧ゝ, |/ /,ィヌニミ、|i | l  |
                ハ \  `卞代ツミ ヾ′   ''' / //   ト、     , --─.::´
        .`ヽ、  〈/|:} ヽ,\  \`¨´  、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
     /:::;:ィ:::::\ //|  |\\, __>   - ´  イ!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、     ※かつてやる夫を振った1号
    . .. ::/::::ハ::::∨ム'〉 「`:::ゝ,\_ ≧ュ,fヽ_ .ィ─ヘ,ィ l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
    . .. .:. :::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::::l |::::ハ;:::::_:::::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
    . ::/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |::::::::l !/  ∨ }/::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
       ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく /_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
       //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
     ,// /ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\   `
    .// // 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   /´// / /|::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、


                              _
        ⌒\        -――--       x<⌒:.:.:.:.ヽ
       __\、_....:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ミくX:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
        ⌒>―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ〉⌒\:.:.:.:.:.:.:ハ
       /フ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:./∧:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.
.    / /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.//:.:ハ:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.i
      /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.i:.|:.:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.∨彡':.:j:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.|
.       .:.:.:./:.:.:./:.:.:|:.:.N:.:.:.\:.:-‐十ト:.:.:.:.Y:.:.:.:.:|:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.|
      i:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.|x十ヽト、:.:∨ __ハ:.:.:.:.:|:.:.:.:.:ハ:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.|
      |ハ:.:i:.:.:.|:.:.:.:.N__   \{´芹心ヽ:.:.八:.:./ |.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.|
      |! |:.|:.:八:.:.:.:. {芹ハ     弋;ツ |:.:.|r}У  .|.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.|
.        |∧∧:\Nハ弋ツ      "" _ノ:.:.|ノ   .|.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.| ┐
            \ハ.:.:.:,"" ′ ,     |:.:.:|      |:.:.: |:.:.:.:.:.:./ /    ※かつてやる夫を振った2号
             |:.:.:〕ト .  ̄   /:|:.:リ       __r‐、r‐、/ /
             |ハノ    >‐ ´ 彡|ノ._     |/      /:.|
            ,、__ ィ 厂示    〉ヽ―― |     ク:|
           /ニニニ7  |/ 只}  / lニニ/ニ_|     /:.:.:|
           ィ//厂  /_∧ニミl/ _| /ニ/  ̄  ヽ′:. |
           { くニ//  /  マ:/ <   ./ニ/__    〉:.:.:.|
          Yニ/      \  く_彡   V 7 ̄ ̄ ミx./:.:.:.:.:|
            |7 , ......     > \ lニニl ∨ /   /:.:.:.:.:.:.|
            | 八::::::::::::::::::::::::::...o 〉:::::::::::::::... }/   ./:.:.:.:.:.:.:.

764 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:07:43 ID:IolXe6E60

     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |     正直、一度振られた相手に熱烈な視線を送られても困るお。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


       . ─―─‐ 、
      , "          \
    /           \
.    /        _/::::::\_ヽ
    |            :::::::::::::: :..
    |  u    ( ー):::::::::( ー)     態度が違いすぎて女性不信になりそうです。
.    \             ´   /     男関連の付き合いにさほど変化がなかったのが救いですね。
     ,\        ` ー‐‐/
    /  ` ー─         \



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/      少し憧れていた売店のお姉さんに敬語を使われたのはショックだった。
.   |        ノ l;;,´        あと、玉の輿って誰もが望んでるわけでもねーんだな。
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

765 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:08:10 ID:IolXe6E60

      __
    .,/,-、  \
  / ノ:/ ノfヽ.. \
  | /:/ /...| |  |    でも学生生活最大の問題として、
  l レ ./..ノ .,''´} i    家督の為にも高等科在籍中に彼女作らないといけないんだよな。
  l   ' ´ .〃 / |    女全員、外れにしか見えないんだけど。
  ヽ.     . 〈 .ノ
    \.,_  ._ノ /
     /  /  ヽ
    ./  /   |
    i ./  .  |


           _____
         /       \
        /_ノ   \   ヽ
          i(ー)  (ー )    |
          ゝ  __`____      j     作れなかった場合は強制でお見合い結婚ですものね。
         ` _`ー'´    /      そちらには、売れ残った確定外れ、という絶望しか残ってないでしょうし。
         /    _    `i
        /  ̄`Y´   ヾ;/  |
       ,|    |    |´  ハ
       |    |    |-‐'i′l
       |__ |   _|   7'′
         (   (  ̄ノ `ー-'′

766 名前: ◆g51h1lhLxU[] 投稿日:2013/04/01(月) 22:08:49 ID:IolXe6E60

  :::::::: ::    ::     :::::  ::  :::
  :::::: ::   ____   :::::  ::::  :::
  :::::: :::: /  :::  \ :::   :::   ::
  :::: ::::/   ::     \::  :::  ::
 :::: /:::    ─    ─ \ ::  ::
 ::: |  ::    (_)  (_)  | :  ::::      あの肉食獣のような視線……。
  ::: \     (__人__)  ,/ :  :::       おっぱいに釣られたやる夫に待ち受けていた罠かお……。
  :: ノ      ` ⌒´   \ :   :::
. /´               ヽ  :::
 |    l              \:::
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 タイトル:やる夫達は魔法学院の生徒のようです
 ジャンル:ラブコメを装ったナニカ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


         ____
      , -‐'"´::::::::::::::::::::::`ヽ、
    //二ヽ/⌒ヽ;:::::::::::::::::\
    /::ハP_/P ̄ヽ/ー-:、::::::::::::\
   / ヽ、(::::::)ー‐'    \:::::::::::::::i
   十―-  Y  -‐'" ̄ ̄ ̄ !:::::::::::|
   _|__  .|    ̄ ̄ ̄`   |:::::::::::|      で、魔法学院って言いつつ、予告に魔法要素なんて欠片もないんだけど。
   (´    .|    ̄`ヽ、_ _  |:::::::::::!      即興のウソ予告だから仕方ないよね。
    ヽ-ー‐┴―--- 、r―-:、!:::::::::/
    /\       /´   }/:::::::/
    ヽ、`丶、___{    ノニニ!
      `T"´トーr-::,-トー‐'i"::::::::::::|
       }--< `"" .|__::::::::::::::::::::::|
      l´::::::::| ̄`フ´:::: ̄「´:::::::::/
     _|::_:::_::トー;'"::::::::::::::`:::::::::/ヽ、
    (___.」`ゞー-:、_:::::::::::;/  ●
          `‐ 、_ノ ̄ ̄



[ 2013/04/14 22:44 ] 嘘予告 | TB(0) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turedureyaruo.blog116.fc2.com/tb.php/43-a6fec85c